バイアグラよりも経済的なスハグラを使おう!

EDに悩む男性は少なくありません。EDとは、日本語で勃起障害や勃起不全と訳されていて、完全に勃起しない状態のことだと多くの人が考えています。しかし、本来の意味は、勃起に時間がかかってしまったり、勃起しても途中に萎えてしまうなど、満足な性交ができないときの症状のことを言います。

EDの改善のための薬と言えば、バイアグラが有名です。バイアグラはシルデナフィルを成分とする薬で、元々は狭心症の治療薬として開発されました。シルデナフィルは勃起を抑制する酵素を阻害することで、勃起しやすい状態に導きます。性的な興奮がなければ勃起には至らないので、飲んだだけでは効果はありません。副作用として、ほてりや目の充血がありますが、それほど重篤なものではありません。バイアグラの効果と高い安全性は世界中で認められていますが、保険外治療のため、EDの治療薬として飲み続けていると経済的負担が高くなってしまいます。

そこで、バイアグラのジェネリック医薬品としてスハグラが登場しました。スハグラはインドの大手製薬会社シプラ社が開発したジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ、シルデナフィルを配合することで、EDに対する高い効果を発揮しています。シプラ社は有名な製薬会社で、スハグラも高い安全性が認められています。バイアグラと同様に、勃起阻害酵素を抑制し血行を促進する作用があるので、目の充血やほてりといった副作用がでることもあります。個人によっては、頭痛という副作用を感じることもあるでしょう。スハグラのメリットは、ジェネリック医薬品なので低価格でED治療薬が購入できるという点です。シプラ社の高い安全性の薬が低価格で手に入るということは、EDに悩む男性にとって朗報です。同じ作用の薬であるのなら、経済的負担を抑えて低価格で試したいと誰もが思うでしょう。

経済的負担を気にせずに服用できるED治療薬は今までそれほどありませんでした。なぜなら、治療にかかる費用は保険外治療のため、全額自己負担になっていたからです。医師による診察を受けて、他に服用している薬を確認し、安全性が確認されなければバイアグラを手にすることもできませんでした。スハグラも同じ成分を持つ薬なので誰もが飲めるというわけではありません。安全面に考慮して、1日1回の服用など用法を守って飲むようにしましょう。体のことを考え、きちんとした使用法を守ることがとても大切です。

ジェネリック医薬品なら継続的に使用できる

高価なバイアグラでは、せっかく手に入れても飲むタイミングをいつ使うかということで悩んでしまうかもしれません。本来であれば、性行為の1時間ほど前に飲むことで、血中濃度が上がっていき効果を発揮しますが、飲むのをもったいないと感じてしまう人もいるようです。しかし、ジェネリック医薬品であれば、同じ成分を低価格で使うことができ、継続的に飲み続けることが可能です。1回ED治療薬を服用すると、その効果の高さを実感できるでしょう。また次回も飲みたいと思っても、経済的負担のことを考えるとなかなか使うことができないというのは悲しいことです。

スハグラは、バイアグラよりも安価に使うことのできるED治療薬です。1回服用したあとは、次の服用まで24時間あける必要がありますが、高い安全性があり、世界各地で使われています。効果の持続は6~8時間ほどで、飲んでから1晩は持つことが分かっています。副作用が心配であれば、初めて飲む際に薬を半分にして飲むなど、身体への影響を確認してみましょう。副作用のほてりや頭痛があっても、一時的なもので、多くは自然に治ります。長時間続くようであれば、医師に相談するなどして、無理に服用しないようにしましょう。