バイアグラのジェネリックを処方してもらうには?

バイアグラのジェネリックについて考える男性

ED治療薬の代表とも言えるバイアグラの価格は決して安価なものではありません。多くの場合1錠1500円前後となっており、この費用の高さから購入に踏み切れない人も多いでしょう。そんな場合にお勧めなのがバイアグラのジェネリックの購入です。バイアグラジェネリックはバイアグラと同じ成分で、同じ目的のために作られた薬です。そのため、バイアグラと同じ効果が期待できます。製造の工程が異なるため効き目に差が現れることはありますが、有効性の試験において先発品に比べて差がないことが証明されているため、同様の効果があることは間違いありません。それでいて価格は1錠1000円前後とおよそ2/3に抑えられているため、これまで購入費用の高さから購入をためらっていた人も検討する余地があるでしょう。

バイアグラジェネリックを購入する場合、主な方法として病院での購入と個人輸入代行の利用という2種類が考えられます。お勧めするのは病院での処方になります。どうしても病院に行きたくないという特別な理由のない限り、病院で処方してもらう方が安全です。保険適用外のため保険証は必要ありません。簡単な問診と質問のみで購入することが可能です。

病院で処方してもらう場合、必ず病院に本人が足を運ぶ必要があります。毎日の仕事で忙しく時間がなかなか取れない人もいれば、購入が恥ずかしくて行くのをためらってしまう人もいます。EDというのは男性にとって非常にデリケートで人に知られたくない問題なので、どうしても必要な理由があっても決心が付かないこともあるでしょう。そういう人にとって、病院に行かなくてもバイアグラジェネリックを購入できる個人輸入代行は非常に良い方法であるかもしれません。また輸入代行で購入できる海外製のバイアグラジェネリックの中には日本で購入するよりも安価なものがあるため、少しでも費用を安く抑えたい人には非常に魅力的かもしれません。

しかしながら個人輸入で購入するバイアグラジェネリックの安全性には多くの疑問があることも事実です。最も危険な問題は偽造薬を購入してしまうことです。バイアグラやバイアグラジェネリックなどのED治療薬の中には偽造薬が非常に多いのです。こういった偽造薬は正しい効果が出ないだけならまだしも、生命を脅かすような非常に深刻な副作用を引き起こす可能性もあります。安価な価格に
飛びついてこういったリスクを背負うことは推奨されません。また医師のきちんとした薬に対する説明を受けないままバイアグラジェネリックを購入してしまった場合、服用する時の注意点や一回の服用量など、薬に関する正しい知識のないまま使用してしまう危険性があります。これも深刻な副作用を引き起こす原因になるでしょう。
このように、個人輸入代行では偽造薬や薬の知識が不足することによる重大な危険があるのです。そのため、安心してバイアグラジェネリックを購入するには、医療機関に行って処方してもらうのが一番安全な方法なのです。

医療機関でまずは受診しましょう

処方のためまずは医療機関で受診をしましょう。お勧めなのはED治療専門の医療機関です。このような医院は男性スタッフのみなど、購入のため行くのが恥ずかしいといった人にも十分な配慮がされていることが多いです。また当然ながら病院で処方してもらう場合、国内の正規品のみを扱っているので偽造薬を購入してしまう危険もなく安心です。病院に行く時に保険証の持参は必要ありません。ED治療薬の処方は保険適用外のため保険証がいらないのです。

病院へ行きまずは問診票に記入し診察と問診を受けます。購入だけが目的であれば診察と問診は簡単なものになります。問診票にED、勃起しないなどと記入し心臓系、循環器系の疾患がないか、普段使用している薬にはどんなのもがあるかなどを確かめた上で処方してもらうことができます。問診でプライベートなことを聞かれることもありませんし、下着をおろしたりする必要もありません。あくまでも勃起不全に関する質問だけになりますので安心です。勃起不全の背景や心理的な要因などを話して医師の方でバイアグラの処方が適当と判断されれば処方してもらうことになります。その際に安価なバイアグラジェネリックを選択すれば良いのです。