アルコールを飲むと勃たなくなるから性交前は控えよう

お酒の画像

日本酒、ワイン、ビール。適度のアルコール飲料は生活に潤いをもたらしてくれます。飲酒して酔うことも、ほろ酔いぐらいなら大人のたしなみとして問題ないでしょう。気分が大きくなってしまい風俗店に向かってしまう、なんていうこともあるかもしれません。ところで、そのアルコールがセックスのときに勃起する力を減退させることもあるということをご存知でしょうか。実はアルコールが脳や体にもたらす作用を医学的に見ても、飲みすぎは勃起する力を減退させるということがわかっています。愛するパートナーと食事に出かけ、少しアルコールが入り軽く酔うぐらいの状態ならリラックス効果も期待できますが、飲み過ぎてしまってセックスをする時になって勃起出来ない、などと言う事になってしまっては元も子もありません。もちろん風俗店などでは勃起力以前の問題として、マナーと安全のため、泥酔しているようなお客さんはお断りするということが普通です。

適度のアルコールは緊張をほぐしEDの症状に対して改善効果があるという研究が発表されたことがあります。 特に赤ワインに関してはポリフェノールの一種であるレスベラトロールに血管を広げEDの改善効果が期待できることが分かっています。もっとも、これは動物実験レベルでの話であり、人間に対する効果はまだまだ検証されていません。

それでは飲酒によってアルコールが入った時に、脳や体でどんな作用をしているのかを少し見ていきましょう。まず脳内では中枢神経系を抑制する作用が現れます。その時にあまりにも多くのアルコールを一気に摂取してしまった場合、中枢神経系に直接作用することから呼吸などが止まってしまう、いわゆる急性アルコール中毒死などに至ることもあります。身体的にみると血圧を下げ、血行を良くし、血糖値を下げます。そして感覚を鈍麻させるので、神経の働きから見ても飲み過ぎて泥酔してしまうと、性器の感覚が鈍り、勃起できないという症状を引き起こす可能性が高いと言えます。また最初のうちはある程度勃起していて、セックスまではこぎつけたものの途中で萎縮してしまい、いわゆる中折れ状態に陥いり射精に至らず終了してしまうということにもなりかねません。パートナーとのセックスに限らず、風俗店などでもお金をわざわざ払っているにも関わらず、射精できず不満だけが残ったというような悲しいことになってしまうことにもなります。お酒に酔うことそのものは、適度であればラックス効果も高くセックス自体に良い効果をもたらす場合も少なくありません。しかしその主成分であるアルコールの特性上、ED改善に効果が期待されるワインですらも、飲み過ぎてしまったならば勃起力を低下させる原因になってしまう可能性の方が高いと言えるでしょう。

慢性的なアルコールの摂取はEDにつながるので危険

これは医療の世界では常識に近く、アルコール依存傾向の強い男性は勃起力が弱くEDになる確率が高いという統計があります。勃起できないということが日常的な飲酒により習慣化するという原因もありますが、そもそもタバコを含め生活習慣病に悪いものは基本的にEDに悪い影響を及ぼします。逆に生活習慣病に良い習慣は、概ね勃起力に対しても良い効果が期待できます。いすれにしろEDなどの機能的な問題というのは、日常的な生活習慣が深く関わっていることだけは間違いありません。EDの原因もそれほどはっきりと解明されているわけではありませんが、やはりひとつの要因に特定できるというものでは決してありません。とはいえ日常的に酔うほどに飲んでしまうような、そんな飲酒の仕方はEDに限らず、様々な生活習慣病などの原因にもなりうるので、控えて損はありません。

高齢化が言われて久しいですが、60歳以上の男性の8割以上に性欲があると言われています。 同じ調査の統計によれば、その半数以上の男性は今でもセックスを望んでいる、ということです。日本人が昔から秘め事としてきた性行為ですが、それらも含めて元気で健康な老後を迎えたいものです。もちろん長期的な飲酒などの良くない生活習慣は若い年齢でも、様々な問題を引き起こすことに変わりありません。ED予防だけではなく全体的な健康を保つためにも、健康的な生活習慣を続けられることをお勧めします。