バイアグラは勃起不全に効果のある治療薬

加齢と共に様々な異常が身体に現れてきますが、多くの男性が悩んでいるのが勃起不全などのいわゆるEDと呼ばれる病気です。その治療薬と言えば真っ先に思い浮かぶのはバイアグラではないでしょうか。このバイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルですが、このクエン酸シルデナフィルによって環状グアノシン一リン酸の分解を行うPDE-5の酵素活性を阻害します。簡単に説明をするとペニスの周辺にある血管を拡張して、血流を良くすることで、勃起効果を高める働きをするのがクエン酸シルデナフィルにはあるという事です。その効果は個人差がありますが、約30分で勃起効果が現れ始めて、服用後1時間で勃起効果がピークに達します。そして、その勃起効果が3時間から6時間程度は持続するのがバイアグラになります。

食事やアルコールの影響を受けやすい医薬品となっていますので、勃起効果を最大限に発揮させたいのであれば、空腹時に服用をすることが最も良いでしょう。仮に食事の摂取を行った後に使用をすると、勃起効果の発現が遅れたり、勃起効果の持続時間が短くなるなど、効果をあまり実感できないといったことが起こってしまいます。最大限の効果を発揮させれば、3時間から6時間の持続をするバイアグラですが、このように聞くと勃起した状態が3時間から6時間も持続してしまうのではと心配する方がいます。しかし、そのような心配はなく、バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、あくまでも勃起させる補助をする薬となっています。ですので、性的な興奮や性的な刺激が伴っていなければ、勃起状態になることはなく、何もしなければ通常の状態でいることができます。

通常よりは勃起がしやすい状態となっていますので、いつもなら勃起しない程度の性的興奮でも勃起してしまう事はありますので注意してください。また、もう一つ心配される方が多い疑問はバイアグラには催淫作用や性欲増進作用があるのかといった疑問ですが、これはバイアグラにはない効果です。バイアグラに含まれているクエン酸シルデナフィルはあくまでもペニスの周りにある血管を拡張させて、血流を良くすることで勃起しやすくするための成分です。ですから、精力剤や媚薬のような催淫作用や性欲増進作用のような効果は持っていませんので、性的な興奮をしないことでEDを発症している方には、あまり効果がないかもしれません。服用しても効果を実感できなかったとしても、それが必ずしも自分に合っていないとは限りません。

実はEDなどで悩んでいて、バイアグラを服用している方の約80%の方が服用方法を間違っています。この理由ですが、先ほども述べた通り効果を最大限に発揮させたいのであれば空腹時の服用が重要です。しかし、一般的な薬の多くは食後に服用することになっている為、何も知らない方は食後にバイアグラを服用してしまいます。すると、勃起効果の発現が遅れたり、効果の持続時間が短くなるなど、最大限の効果を発揮しないといった事態になってしまいます。ですのでバイアグラの服用をする上では、用法用量を守って服用をするように心掛けてください。

バイアグラと同じ成分を含むジェネリック医薬品は安い

日本で最初に発売された新薬には特許があるのですが、特許期間中に同じ有効成分で同じ効果を発揮する医薬品を製造する事はできません。ところが、その特許期間が満期を迎えることで、その有効成分や製造方法は国民の共有財産になり、その後は他の医薬品メーカーから同じ有効成分で同じ効果を持った医薬品の発売が可能になります。それらの医薬品のことをジェネリック医薬品と呼ぶのですが、当然EDの治療や勃起効果を持ったバイアグラにも、ジェネリック医薬品が発売されています。

通常、新薬を開発して世の中で使えるようにするまでには、150億円から200億円の開発費用が必要であると言われていて、開発期間も約10年から15年かかると言われています。この理由は新薬の場合、動物での非臨床実験やヒトでの臨床実験など様々な実験・研究・承認審査が必要になる為で、それ故に莫大な費用と時間がかかってしまいます。すると、当然その開発費用を回収する目的で価格を設定して利益を出さなければなりません。そのため必然的に新薬の価格は高くなってしまいます。

これに対してジェネリック医薬品は、その有効成分や品質が新薬と同等である審査をクリアするだけで開発することができ、世の中に出すことができます。そうなれば当然、新薬と比べると開発費用や開発期間を大幅に少なくすることができます。かかる費用は数千万円で済みますので、発売して利益を回収する為に重要になる販売価格も低価格にすることが可能です。そのお陰で患者さんも安価で購入する事ができるようになるわけです。新薬と比較すると、その販売価格は40%から80%ほどの低価格で発売することができて、さらには新薬と同じ治療をすることができますので、国や患者様の医療費の軽減に非常に役立っています。

バイアグラの物質特許は2013年5月17日に満期を迎えて、用途特許は2014年5月13日に満期を迎えていますので、低価格で同じ有効成分を持ったバイアグラのジェネリック医薬品が登場しています。バイアグラのジェネリック医薬品も、他のジェネリック医薬品と同様に約40%から60%程度の低価格で購入することができますので、非常にコストを抑えてEDの治療を行うことができます。このように、新薬と同じ有効成分を持っていて、同じ治療を行えるジェネリック医薬品は低価格で治療を行えるといった利点もある事から、多くの方がジェネリック医薬品を利用しています。

ジェネリック医薬品の注意点

ただし注意が必要な事があり、あくまで新薬のバイアグラと同じで薬価基準未収載ですので、保険適応外の治療薬となっています。とは言っても、それは新薬のバイアグラであっても同じ事ですので、EDの治療や勃起効果を必要としている方は、ジェネリックを使用した方がコスト的に大きなメリットがあると言えます。そんなジェネリックのバイアグラには、国内のものと海外のものがあり、それぞれに違った特徴がありますので、使用する上ではその違いにも注目をして、自分に合ったジェネリック医薬品を選ぶ必要がありますので、その点もしっかりと理解をしておきましょう。

バイアグラとジェネリック医薬品の効果は違うの?

EDの治療と言えばバイアグラが思い浮かぶほど、一般的な治療薬ですが、もしもバイアグラを使用する場合には、新薬として開発されたバイアグラとジェネリック医薬品として開発されたバイアグラのどちらかを選ぶ必要があります。ジェネリックは新薬と同じ効果を持っていることが厚生労働省によって確認ができているものですので、基本的には効果などは新薬と同じ効果となっています。また、開発費用などを大幅に削減して開発することができるジェネリックは、新薬と比べて大幅に低価格で発売しています。約40%から60%程度の低価格となっている為、EDの治療でバイアグラを使用している方の約80%がジェネリックを、残りの約20%が新薬を使用しています。

ジェネリック医薬品について考える男性

そんなジェネリックですが、バイアグラの場合には開発元のファイザー株式会社が所有する商標名がバイアグラという名前で商標登録されているだけですので、一般的な有効成分としてはクエン酸シルデナフィルとなっています。ジェネリックとして発売されている医薬品は、効果はバイアグラと同様の効果を持っていたとしても、名前に関しては各メーカーがオリジナルの名前を付けなければなりません。しかし、そうなると効果や効能、有効成分は全く同じ医薬品であるにも関わらず、名前は全く異なる医薬品が数多く発売されることになってしまいます。それでは、処方箋を出す医師や薬剤師であっても把握しきれないといった事態になりかねないので、一般名を薬品名にすることが義務付けられ、ジェネリック医薬品と呼ばれるようになりました。

バイアグラの場合には、後発医薬品のジェネリックであれば主成分であるクエン酸シルデナフィルからとったシルデナフィル錠といった名称で発売されるようになりました。EDの治療でバイアグラを使用したいと考えている場合には、シルデナフィル錠という名前が付いた医薬品を選ぶことで、バイアグラと同じ効果を得ることができます。
具体的にバイアグラと同等の効果を持つジェネリック医薬品としては以下の医薬品があります。

  • シルデナフィル錠VI「DK」
  • シルデナフィル錠VI「キッセイ」
  • シルデナフィル錠VI「YD」
  • シルデナフィル錠VI「あすか」

シルデナフィル錠VI「DK」は大興製薬株式会社が製造しているクエン酸シルデナフィル成分含有の医薬品となっています。またシルデナフィル錠VI「キッセイ」やシルデナフィル錠VI「YD」などもクエン酸シルデナフィルが主成分となっていますので、バイアグラと効果は同じになっています。これらクエン酸シルデナフィルを主成分としているシルデナフィル錠は、あくまでも日本国内で開発された医薬品となっていますので、安心して使用することができます。

しかし、バイアグラと同様の効果を持っていて、シルデナフィル錠という名前が付いていない医薬品もありますので、知識を持っておいた方が良いでしょう。それは、スハグラやカマグラといった医薬品で、これらのジェネリック医薬品は海外で開発されたバイアグラと同様の効果を持った低価格なジェネリック医薬品となっています。

効果や副作用で自分に合うジェネリック医薬品を選ぼう

EDの治療で使われるバイアグラと同様の効果を持った低価格なジェネリック医薬品は、国内外を合わせると十数種類は発売されています。日本国内のものは全て主成分であるクエン酸シルデナフィルからとったシルデナフィル錠という名前が付けられていますが、海外のものは違います。基本的にはバイアグラと効果は変わりありませんが、多少は成分などが異なりますので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。ここでは十数種類ある中から、特に人気のあるスハグラとカマグラの特徴についてを見ていくことにしましょう。

スハグラ
このスハグラは服用後効果が1時間程度の時間で現れ始めて、その効果が4時間から5時間程度は持続します。スハグラは男性が性的な興奮状態になった際に、勃起効果が通常よりも強く起きる高価があるので、スハグラを服用すれば、勃起をしない方や中折れをしてしまう方でも、最後まで勃起効果を維持することができます。
このようにスハグラの主成分はバイアグラと同様にクエン酸シルデナフィルである為、効果や持続時間などもほとんど同じとなっています。ですので、スハグラもバイアグラと同様に催淫作用や性欲増進作用はありませんので、性的な興奮をしない為に起こるEDに対してはスハグラは、あまり効果がないかもしれません。
カマグラ
こちらも主成分はバイアグラと同様のクエン酸シルデナフィルとなっている為、男性が性的な興奮を感じた際にはペニスの勃起効果を高めることができます。カマグラを服用してから効果が現れ始めるまでの時間は約30分程度となっていて、持続時間は約4時間程度となっています。高い効果を誇るカマグラは、少しの性的興奮や性的刺激によっても勃起が期待できる為、EDによって勃起が起こらない方や、途中で元に戻ってしまう方でも最後まで勃起効果を持続することができます。
ただしカマグラは食事やアルコールの影響を受けやすい特徴がありますので、食後やアルコール摂取後にカマグラを服用すると、正しい効果が期待できない可能性があります。またカマグラもバイアグラと同様に性的興奮を高める効果は持っていない為、性的興奮を高めたいのであればカマグラなどの医薬品ではなく、精力剤などを服用する必要があります。

バイアグラと同様の効果を得られるスハグラとカマグラですが、価格としては1錠あたりスハグラは167円、カマグラは132円となっています。もちろん、この他にもシラグラやカベルタなどのジェネリック医薬品がありますので、自分に合ったジェネリック医薬品を選ぶようにしてください。とは言っても、基本的にはクエン酸シルデナフィルを主成分としていてバイアグラと同様の効果を持つものばかりですので、色や風味、製薬会社、価格などの違いしかありません。ですので、それらを基準に選ぶようにしてください。またジェネリック医薬品であっても医療機関で処方をしてもらってから服用をした方が良いので、必ず病院へ行き医師の診察を受けてから服用を始めるようにしましょう。